News

平成26年度来日メイヨーナースのアクティビティについて

メイヨ―クリニックと日本の看護関係機関は、長きに亘り、エクスチェンジプログラムとして互いに看護師を派遣し交流を深めてきております。日本の看護師にとっては、メイヨ―クリニックの医療・看護の理念やコア・バリュー、高度な看護実践、そして米国中部地域の文化を学ぶ貴重な機会となっております。また、メイヨ―ナースにとっても日本の看護を学び、日本文化に触れる貴重な機会となっています。

 

当木村看護教育振興財団は、長期海外看護研修の一環としてメイヨ―クリニックに日本の看護師を毎年派遣し、また、メイヨ―クリニックの看護職の来日時には当財団主宰の講演会に参加して頂くとともに、日本の看護関係者との親睦の場を設け、加えて京都視察等の交流イベントを行っております。

また、メイヨークリニックのナースは、慶應義塾大学、国立がん研究センター、聖路加国際大学、東海大学及び北里大学病院を訪問し、講演や看護学や看護実践に携わる関係者との意見交換、更にはホームステイ等が開催されています。

 

2014年(平成26年)も10月28日(火)から11月10日(月)の14日間、米国メイヨ―クリニックから看護師3名が来日し、当財団や日本の看護関係機関との間で様々な交流活動を行いました。

主な催しとして、11月4日(火)に当財団の木村憲司代表理事主宰ウェルカムディナーを東京都内で開催し、11月8日(土)には当財団主宰東京講演会にご参加頂き、講演やスピーチをして頂きました。このほか、11月1日(土)から3日(月)に京都を訪れ、京都御所や清水寺、三十三間堂、金閣寺などを巡り、日本料理などを賞味して頂きました。並行して、慶應義塾大学などの大学・機関とも活発な交流が行われました。

 

来日したメイヨーナースにとっては初めての来日とのことでしたが、講演会に参加し日本の看護職との活発な意見交換を行うとともに、日本の歴史的建造物や伝統文化に触れる大変充実した来日であったとのことです。

 

京都大学iPS細胞研究所視察(ルアンさん、マーサさん、デイルさん、ホリーさん -平成25年11月-)

高桐院にて


慶應義塾大学

メイヨー研修創設等でお世話になった方々と(岡崎春雄先生夫妻、アンさん、サンディさん -平成25年11月-)


聖路加国際大学

東海大学


北里大学病院



ページの先頭へ戻る