木村財団について

代表理事ご挨拶

木村 憲司 代表理事

本公益財団法人木村看護教育振興財団は、1991年(平成3年)3月、パラマウントベッド(株)の創立40周年を記念して、創業者である故木村隆輔の私財を基本財産として、当時の厚生省・文部省の共管財団法人として設立され、公益法人制度改革により、2011年(平成23年)4月から「公益財団法人木村看護教育振興財団」となりました。

パラマウントベッド(株)は、創業以来一貫して「現場に学ぶ」という考えから、ユーザー志向を重視する方針で事業を展開し、この間、臨床の第一線にある方々から多くの学びを得てまいりました。
医療とは無縁の者が個人で創業したにもかかわらず、多種多様で機能的な医療用ベッドを開発しつつ、40周年の節目を迎えることができたのも、種々なアドバイスやご意見を賜った、全国の現場の看護師の皆様のお蔭であるとの想いを強く抱いておりました。
その「ご恩返し」という意味合いから、現場で活躍される看護職の方々を対象に教育助成の機会を提供させて頂くというのが、本財団設立の趣旨であります。

本財団は、現在、海外看護研修助成・看護研究助成・専門看護師奨学金助成・看護に関する講演会を実施しております。特に、米国メイヨークリニックでの長期海外看護研修は、同クリニックと本財団のパートナーシップの下に本財団発足以来毎年実施している事業であり、191名が研修を経験しております。
本財団とメイヨークリニックとのパートナーシップは、2013年(平成25年)11月9日に開催した本財団創立22周年記念講演会及びパーティに同クリニックから8名の方々をお招きし、これまで助成申し上げた多数の方々との活発な交流の場を持てましたことや、2014年(平成26年)11月8日の東京講演会及びパーティでも同クリニックから3名のナースの方々から示唆に富む貴重なお話しを頂くことができましたことを通じ、更に強まったと感じております。

医療・看護の分野では2025年問題への対応など、わが国の将来にかかわる多くの課題への取組みが始まっています。本財団としても、看護教育及び看護実践の充実向上と看護職者の育成を通じて、看護に関わる皆様と力を合わせてこれらの問題の克服に寄与すべく一層努力していく考えでおります。

公益財団法人木村看護教育振興財団
代表理事 木村 憲司
(パラマウントベッドホールディングス(株) 代表取締役会長)

平成25年11月1日メイヨークリニックより贈られた楯。木村看護教育振興財への祝意と友好のシンボル。 2005年10月17日当時のモンデール
駐日米国大使が木村看護教育振興財団へ寄せた感謝の手紙。

ページの先頭へ戻る